スピードライディング、安全上の注意

スピードランディングは、2つのグライディング要素 - 雪と空 – を組み合わせた冬のエアースポーツです。グライダーでのフライトとスキーでのターンを組み合わせることで、山を滑走する新しいスポーツが生まれました。

スピードライディングによって自由で爽快な体験をすることができますが、これには安全に十分配慮した練習と適切な環境の選択が不可欠です。

スピードフライングを始めるには高いレベルのスキー経験が必要です。

またスピードライディングを教えることのできるパラグライディングスクールで学ぶ必要があります。より安全に管理された環境でストレス無く基礎知識を学び、いち早くその楽しさに触れることができます。

スキースロープでの練習は禁止されています。スピードライディングの滑走許可が明確に示されていないスキー場では、必ずそのスキー場の管理者に問い合わせてください。スキーコース外での練習許可を必ず得てから練習してください。あなたのエリアでスピードライディングを始める際には、あなたの安全や周囲への深い配慮がスピードフライングの礎となることを十分に自覚してください。

フットランチ式のスピードグライダーはスピードグライダーのダイナミックなハンドリングに対応し得る知識を持つ経験豊かで自己で責任を持てるパイロットに向けてデザインされています。高い翼面荷重によりグライダーは高速で滑空し、ハンドリングは俊敏です。現代のパラグライダーに比べ滑空角はかなり低いです。ランディング、ランディングアプローチは通常のパラグライダーとは大きく異なります。

自己責任で滑走する全てのスピードライディングパイロットにはコース外でのスキーや雪崩に備えた装備(雪崩救助システム、トランシーバー、ショベル、プローブ等)の携帯が義務付けられています。

気象情報、雪に関する情報をあらかじめ調べておくことは必要不可欠です。その地域を熟知した熟練者‘やマウンテンガイドからのアドバイスもとても重要です。このスポーツを最大限に楽しむために、常に安全性には細心の注意を払って練習してください。